過去が足を引っ張る時


このブログをご覧の(少数派のw)方は既にご存知かと思いますが、東洋英和大の女子大生が日テレを提訴しているという問題について。
ソース
要するに日テレに内定したけど過去に銀座のクラブでホステスのアルバイトをしていたことを理由に内定を取り消され、日テレを訴えてるってわけ。
言っちゃ悪いけどホステスという職業に顔をしかめる人が多いのが現実なのよ。

何故かって?

それは、ホステスという仕事は結局「女」を売りにしているから。

「女」を売ると言ってもホステスは「性」を売る仕事ではないし、ナンバーワンを極めたホステスほど並々ならぬ努力をしていることは有名な話です。

そりゃね、すごいよ。

エステや美容院に金をかけ、ハイレベルな会話をするために新聞やニュースを欠かさずチェックしているそうです。
更には、会話力も優れ、どんな客にも笑顔を絶やさないというから頭が下がります。

しかし、前提条件は魅力ある女性であるということから、言っちゃ悪いけどホステスは「女」を商売にしている仕事なんですよね。結局は。
女子アナだって前提条件は魅力ある女性であるだろうから、女子アナもホステスも大差がないように思えるけどさ、根本的な違いはテレビ局の社員であり、女子アナという職業が社のイメージを背負う仕事であるという点。
だから、ホステスの過去があっちゃマズイってわけよ。
ちゃらちゃらした女子アナが社員として在籍しているとはいえ、テレビ局ってお堅い会社だから尚更よ。

そういやさ、某キー局と某地方局の女子アナの中に悪名高きスーフリのメンバーがいたっけね?
スーフリなんて犯罪集団だべ?
特に女性スタッフ(”ギャルズ”と呼称)なんてレイプに協力的だったって新聞やニュースで報道されてたよね。
犯罪に加担したとみなされるのは当然じゃね?
残念ながら証拠もザクザク発掘されちゃってるしね。
ちなみにこの女子アナ、スーフリの過去が発覚した途端に局を退社したそうな。
で、ちゃっかり結婚してシレッと子どもまで作って優しいママ気取りときたもんだ。

ま、スーフリに比べたらホステスの過去くらい、大したことないって思うけどね。

それでもホステスという仕事を世間は快く思わないのが現実。
それが世論というもの。

さて・・・

当該の女子大生は日テレを訴えるとのことですが、恐らく女子大生は勝訴するでしょう。

何故なら、似たような判例が実際にあるからです。

さて、このブログをご覧の皆様は「三菱樹脂事件」をご存知でしょうか?
判例六法には原告の実名が記載されていますが、ここでは敢えて原告をTさんとします。
Tさんは地方の国立大を卒業後、三菱樹脂に就職しました。
三菱樹脂では、3ヵ月の試用期間を経て本採用となる仕組みでしたが、よほどの問題がなければ大抵は本採用されるそうです。
Tさんは試用期間中、それは真面目に勤務したそうです。
やがて3ヵ月の試用期間を終え、同期の元には次々本採用通知が届いているというのにTさんの手元にはいつまで経っても本採用通知が届きません。
痺れを切らしたTさんが人事部に掛け合ったところ、「不採用」をつきつけられたのです。
不採用の理由を尋ねても人事部からの回答はなく、納得できないTさんは三菱樹脂を相手どり裁判を起こします。
被告人として人事部長が証言台に立ち、不採用となった本当の理由が法廷でようやく判明したのです。

Tさんの学生時代は学生運動の真っ只中。
全国の大学で学生運動や大学紛争が起こっていた時代でした。
Tさんの在籍する大学でもまた学生運動が起こり、Tさんは運動に参加していたのです。
Tさんは面接の席で、学生運動への参加について質問された際にはっきり否定したそうです。

言ってみれば過去を隠すための虚偽の回答だね。

当時は三菱樹脂のみならず大企業の多くが新卒採用の際の身辺調査を当たり前としていました。
身辺調査の結果、学生運動に参加していた過去と面接の席で虚偽の回答をしていたことが判明し、本採用を見送ったというわけです。

そもそも何故、学生運動の過去が不採用の理由になるのかって?

将来の幹部社員となる学生が危険思想の持ち主とあっては本採用するわけにはいかないというのが三菱樹脂サイドの見解というわけね。
個人の思想を理由に本採用を拒否する権利はないという判決が出て、T氏は勝訴。はれて三菱樹脂に本採用されたそうです。

ホステスの過去と学生運動の過去とは一緒にはならないだろうけど、価値感という面では共通するんじゃない。
当該の女子大生が日テレに本採用されたとしても、良くて閑職だろうね。日の目を見ることはないと思うよ。
気の毒だけど、もう女子アナは諦めたほうがいいかもね。
前述のTさんとは明らかに社会情勢が異なるし、加えてインターネットが世論に代わる時代でもあるんだから、これ以上コトを大きくすると他の職業に就くことすら危うくなるんじゃね。

 
2015.11.23
お詫びと訂正

このブログにてAV出演の過去が発覚した女子アナウンサーについて言及しておりましたが、言及した内容が事実と異なる為、記事の一部を削除致しました。
松本圭世様に深くお詫び申し上げると共に今後のご活躍を心より応援申し上げます。

この度は大変申し訳ございませんでした。

【注】
AV出演の経緯が事実無根であることと、松本様自ら公表されたため、実名表記をさせていただきました。
松本様は、むしろ被害者の立場であり、その心中をお察しいたします。