七転び八起・・・かもね。


さて、皆様は「のむらしんぼ」と聞いて何を連想するでしょう?
「ツルピカはげ丸」や「とどろけ一番」を連想される方が多いのではないでしょうか。
ちなみに私、アキは「とどろけ一番」世代・・・って歳がバレバレだしw
あの荒唐無稽っぷりは「男塾」の元祖だと勝手に思っています。
急にボクシング路線になっちゃったのには驚きでしたけど。

さて・・・

その「のむらしんぼ」先生の最新作が今、ネットを中心に話題になっているそうです。
かくいう私も小林よしのり公式ブログを見て早速注文しました。
「のむらしんぼ」先生の最新作はズバリ「コロコロ創刊伝説」

「はげ丸」が終了した頃にバブルが崩壊。
当時の「のむらしんぼ」先生は「はげ丸」景気の勢いから漫画制作プロダクションを作ったりマンションを購入したりと羽振りが良かったのですが、バブル崩壊によりたちまち窮地に追い込まれたと本作で振り返ります。
バブル景気の頃にあれだけ擦り寄ってきた銀行員は手のひらを返したような態度であしらい、更に追い討ちをかけるように奥様から三下り半を叩きつけられます。
その後、はげ丸テイストのギャグマンガを何作か発表したものの、どれも不発。ネームを編集部に持参しようものなら「時代に合わない」と一蹴されてしまいます。
そこで起死回生とも言うべきか、コロコロコミック創刊秘話と自虐ネタを発表したところ、読者人気ランキング2位に輝いたというから人生、何が起こるかわかりませんね。

多分・・・だけど

「のむらしんぼ」先生は、もともとメンタルが強いんじゃないかなって思うんです。
今そこにある問題から逃げようとせず、むしろ問題や困難と付き合いながらも諦めずに前を見続けてきたのはメンタルが強いとしか言いようがありません。

あっ・・・そうそう

「コロコロ創刊伝説」みたいな漫画が他にもあったことを思い出しました。

10年くらい前かなぁ・・・

ゴラクで「55歳の地図」という漫画が連載されてましたっけ。

漫画界を”リストラ”された作者がボロ自転車に乗ってお遍路さんをするという内容でした。
かつてはマガジンの人気漫画家だった作者。低迷しながらも漫画界にしがみついてきたけど、もう自分の居場所などないと悟ったんでしょうね。
遂に漫画家を廃業した作者は、原稿や画材、家財道具などを全て捨ててしまいお遍路さんの旅に出る決意をします。

壊れたボロ自転車を押しながら嵐に打たれたり
フェリーでかつてのファンに声をかけられたり

いろんなことがあったようですが、現在もお遍路さんを続けているそうです。

55歳の地図

続きが気になって仕方がない「コロコロ創刊伝説」
早く第二巻が出ないかな。
漫画の発売がこんなに待ち遠しのは久々かも。

コロコロ創刊伝説 1 (てんとう虫コミックススペシャル)

新品価格
¥630から
(2016/6/12 16:33時点)