夏のおべんきょうについてのお話


早いもので夏休みも後半に突入したわけですが・・・。
いろいろやりたいことやまだまだ行きたいところが多いというのに夏休みがまだ足りないというのが本音。

・・・夏休みと言えば宿題ですが・・・

幼稚園から持って帰ってきた夏休みの宿題の他にも幼児教室からの宿題や課題、そして時々ではありますが、個人的に市販のワークもやってます。
市販のワークってのは、この記事にもあるように学研の「頭脳開発」シリーズね。
二度目の「がんばり賞」に満足したのか、はたまた幼児教室からの課題が膨大なためなのか、この春頃を最後にペースダウン状態。
せめて今年中にV3を達成したいけど大丈夫か!?

で、先日久々にチャレンジしたのは娘の大好きな迷路のワーク。

6歳 めいろ (学研の頭脳開発ハイレベル版)

新品価格
¥713から
(2016/8/19 13:55時点)


ハイレベル版なだけに幼児向けとは思えないほど複雑な内容になってますが、今のところ、オーソドックスな迷路だけを選んでチャレンジしているようです。

あと、「頭脳開発」シリーズじゃないけど、最近は暇さえあれば、これにもチャレンジしています。
むしろ、こっちのほうを積極的に取り組んでる感じ。

5分でひとつのえがかける!やさしいおえかきブック―3~6歳 (NAGAOKA知育ドリル)

新品価格
¥864から
(2016/8/19 13:54時点)

絵が苦手なお子さんには最適なワークじゃないかと思います。
このワーク、本当によく考えられた作りで、どんなに絵が苦手なお子さんでも本当に簡単に描けるようになるというスグレモノ。
絵に自信が持てるようになるばかりでなく、運筆力を鍛える効果もあるので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。
お出かけ先の暇つぶしアイテムにも最適だと思うんですが・・・一冊、どうですか!?