夏の講習会って受講したほうがいいの?

投稿者: | 2017年6月15日
0

ここ京阪神では年々、考査の日程が前倒しとなっている状態です。
京阪神の私立小では、例年9月下旬から10月上旬に考査を実施していましたが、一昨年ごろから少しずつ考査の日程が前倒しとなりつつあります。
昨年・・・つまり娘が受験した年は8月下旬から10月上旬に考査が行われ、今年は更に前倒しの8月中旬から9月下旬に考査が行われます。
こうして考査の日程が前倒しとなっている背景には洛南小が少なからず影響しているのではないかと思います。
洛南小では開校当初から8月下旬に考査が行われていますので、他の私立小が生徒確保のために日程を前倒しにしていることは想像に難くありません。
もうひとつ言えば、立命館VS同志社の生徒争奪戦も多少影響しているのではないでしょうか。
立命館と同志社が同時期に考査の日程を発表することはほぼありません。
例えば、立命館が考査の日程を発表したのを見計らってから同志社が発表するといったように熾烈な生徒争奪戦が行われているほどですから、これぞまさに頂上決戦!?
この熾烈な争いが影響して考査の日程が前倒しになったのではと勝手に推測しております。

・・・と、前置きが長くなってしまって面目ありません。

では、ここからが本題。

今年、考査を控えるご家庭にとってこの夏はまさに天王山。
多くのご家庭が夏の講習会や志望校対策講習会に参加されるのではないでしょうか。
かく言う我が家も昨年は、夏休み返上状態でした。

志望校対策講習会
夏期講習会
入試直前授業
模擬面接
面接特訓
口頭試問特訓
志望校別模擬試験
行動観察対策講習会

・・・と言ったように講習会のフルコース状態でしたが、夏休みが明ける頃には娘は驚くほど大幅に伸びました(!)
本当に本当によく頑張ってたからね!
あのハードな夏からまもなく一年経つのかぁ・・・しみじみ。
今にして思えば受講しなくてもよかった講習会もあったんですけど、こうした経験は今後の中受に活かしたいです。

さて、結論から申し上げると・・・

今年、考査を控える皆様には夏の講習会を受講されることを強く強くお勧め致します!!
年長さんの夏こそが大きく伸びるチャンス。
これまで頑張ってきたお子さんや伸び悩んでいるお子さんは、夏の過密スケジュールを乗り切ることで自信がつき大きく成長できるハズです!
夏休みはたっぷり時間がありますので、じっくり取り組む時間が十分に確保できます。
この伸びしろを一層大きくするのが夏の講習会ではないかと思っています。
開催される講座すべてを受講するのは志望校の傾向やご家庭の判断となりますが、せめて志望校別対策講座と志望校別模擬試験だけでも参加されてみてはいかがでしょうか。
大手幼児教室が行っている志望校別対策講座は、大手ならではの情報量をフルに活かした内容となっているのがポイントです。
傾向と対策についてよく分析されていますし、家庭での対策も細かくアドバイスしてくれるので参加しない手はありませんよ!
万全の態勢で考査に挑むためにも是非、受講されてみてはいかがでしょうか。

早いものであと一か月で夏休み。
この夏休みに踏ん張れば、きっと良いご縁が待っているはず!
みんな頑張れ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。